opera photography

opera photography

0

東京二期会オペラ劇場「ファウストの劫罰」~オペラとダンスの融合に見ごたえ

東京上野の文化会館で、二期会がベルリオーズの「ファウストの劫罰」を上演した。二期会としては、今回初めて取り上げる演目。東京二期会「ファウストの劫罰」
 *マルグリートの魂が浄められ、子供の合唱に導かれ昇天するフィナーレ* マルグリート:林正子

外題は「4部からなる劇的物語」で、一般にはコンサートホールで演奏する。断片的な情景をつなぎ合わせたようなこの作品は、オペラとしての上演は非常に難しいとされる。
演出は、コンテンポラリーダンスの鬼才・大島早紀子。H・アール・カオス(ダンスカンパニー)の圧倒的な身体表現が、曲の移り変わりに合わせて、次々と新しい情景を描き出す。それは、違和感なくオペラの「場面」に入り込むのに効果を果たし、実に見ごたえがあった。
プラッソン指揮の、フランスの伝統を重視した音楽作りと、林正子の洗練された歌い回しにも好印象。また樋口達哉の暖かみのある音色にも魅了された。

ファウストの劫罰
4部からなる劇的物語

字幕付原語(フランス語)上演
原作:ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ「ファウスト」
台本:エクトール・ベルリオーズ、アルミール・ガンドニエール、ジェラール・ドゥ・ネルヴァル
作曲:エクトール・ベルリオーズ

会場:東京文化会館 大ホール
2010年7月16日(金)14:00・・・カフェラントマン スペシャルデー

指揮:   ミシェル・プラッソン 
演出・振付:   大島早紀子 
      
装置:   松井るみ 
衣裳:   太田雅公 
照明:   沢田祐二       
演出助手:   三浦安浩 
合唱指揮:   大島義彰 
音楽アシスタント:   佐藤正浩        
舞台監督:   八木清市 
公演監督:   三林輝夫

ファウスト     樋口達哉
マルグリート      林 正子
メフィストフェレス    泉 良平
ブランデル    北川辰彦

メインダンサー:白河直子
ダンサー:木戸紫乃、小林史佳、斉木香里、泉水利枝、池成愛、野村真弓
合唱:二期会合唱団
児童合唱:NHK東京児童合唱団
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

Details
Published on:
2010/08/12 12:46
Author:
operaphoto
Categories:
未分類
0

あらかわバイロイト「ワルキューレ」~ワーグナーの連続上演目指し第2回公演

昨年5月に旗揚げされたワーグナー音楽祭あらかわバイロイトが、サンパール荒川で「ワルキューレ」を上演した。 あらかわバイロイト「ワルキューレ」

4月23日(金)~25日(日)の3公演、総勢42人からなる3組のキャストは、日本オペラ界のトップを走るベテランから、コンクール入賞の新人まで、多様な歌い手が揃った。ワーグナーのオペラと言えば、今までは、引越公演か大手団体での上演が常であった。その中にあって、市民オペラの規模で、ワーグナーの連続上演を目指しているという点が第一に頼もしい。「ワルキューレ」は、世界で最も長いオペラ「ニーベルングの指輪」の第一夜にあたる作品で、父と娘の愛と相克を中心にドラマが展開する。公的資金の投入もない金銭的にも不充分な条件の中、この壮大な大作を成功に導いたのは、オペラに関わる各個人の情熱が大きいと言える。それは観客にも充分伝わり、会場は感動の涙と称賛に包まれた。

(写真は24日公演3幕より~ ブリュンヒルデ・ジークリンデと8人のワルキューレたち*転載はご遠慮下さい*)

【公演記録】

TIAAオペラ第47回公演
第2回ワーグナー音楽祭「あらかわバイロイト」舞台祝祭劇「ニーベルングの指環」第1日

第2回ワーグナー音楽祭「あらかわバイロイト」楽劇「ワルキューレ」

ドイツ語上演・日本語字幕付き

公演日:2010年 4月23日(金) 16:00開演(15:30開場)
     4月24日(土) 13:00開演(12:30開場)
     4月25日(日) 13:00開演(12:30開場)

会場:サンパール荒川大ホール

指揮:佐々木 修(23日) クリスティアン・ハンマー(24、25日)
演出:伊香 修吾

公演監督:田辺とおる
制作:片山孝調

照明:八木麻紀
メイク:氣賀澤祀夫理

副指揮:河合良一
ピアニスト:大室晃子/岩撫智子/あづまみのり

管弦楽:TIAAフィルハーモニー管弦楽団 (コンサートマスター:三ツ木摩理)

配役 23日(金) 24日(土) 25日(日)
ジークムント 今尾滋 角田和弘 大野徹也
ジークリンデ 岩川亮子(入選) 山本真由美 羽山弘子
フンディング 西拓也 矢田部一弘 小鉄和広
フリッカ 向野由美子 小畑朱実 杉野麻美
ブリュンヒルデ 福田祥子(奨励賞) 蔵野蘭子 及川睦子
ヴォータン 岡元敦司 田辺とおる 杉野正隆
ゲルヒルデ 広瀬なるみ 吉丸真樹子 藤本恵美子
オルトリンデ 桜田ゆみ 津久井明子 齋藤恵理
ヴァルトラウテ 向野由美子 小林久美子(1位) 細見涼子
シュヴェルトライテ 鈴木美恵子 中村春美 田代香澄
ヘルムヴィーゲ 倉本絵里(入選) 諸藤恵美 岩崎由美恵
ジークルーネ 十川佳美 森下美登利 島村侑子(審査員賞)
グリムゲルデ 齋実希子 仲野玲子 佐藤まどか
ロスヴァイセ 久利生悦子 飯島由利江 山下千夏

*()内は第一回東京国際声楽コンクール入選・入賞記録

Details
Published on:
2010/08/12 12:28
Author:
operaphoto
Categories:
未分類
0

町田オペラ小劇場「La Cenerentola」~オペラ版シンデレラ

町田オペラ小劇場主催の第7回公演「La Cenerentola」が町田市民フォーラムで上演された。
町田オペラ小劇場「La Cenerentola」
藤原歌劇団の期待の若手も出演し、笑いと涙で会場を沸かせた。

町田オペラ小劇場「La Cenerentola」上演されたロッシーニの「チェネレントラ」は、「シンデレラ」のオペラ版。オペラには、継母は登場せず、主人公のアンジェリーナは、
義父と二人の姉に小間使いのように扱われている。不運な境遇にあっても、物乞い(実は変装してお后候補を見定めるアリドーロ)
にはパンと飲み物を与えるような心優しい娘。
アンジェリーナ(シンデレラ):吉村 恵

町田オペラ小劇場「La Cenerentola」
マニーフィコ(継父):安東 玄人/ティスベ(義姉2):池田 一江/クロリンダ(義姉1):前田 多鶴

町田オペラ小劇場「La Cenerentola」魔法使いは哲学者に、ガラスの靴はブレスレットに変わって登場する。
アリドーロ(王子の家庭教師で哲学者):飛鳥井 亮/アンジェリーナ(シンデレラ):吉村 恵

町田オペラ小劇場「La Cenerentola」必死になって偽王子の気を引く、2人の姉と継父
クロリンダ(義姉1):前田 多鶴/ダンディーニ(偽王子):大石 洋史/マニーフィコ(継父):安東 玄人/ティスベ(義姉2):池田 一江

町田オペラ小劇場「La Cenerentola」
ラミーロ(王子):岡坂 弘毅/アンジェリーナ(シンデレラ):吉村 恵

ラストでは、夫婦となったふたりの前に男爵と姉たちがひざまづき、これまでの仕打ちを詫びる。全てを許すアンジェリーナの優しさと寛大さに心打たれる結末。

次回公演はヴェルディ中期の傑作「仮面舞踏会」
5月17日(月)18日(火)いずれも18:30~町田市民フォーラムにて
問い合わせ先・主催:町田オペラ小劇場 090-1734-8166(柴田)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【公演データ】

町田オペラ小劇場第7回公演
「La Cenerentola」
シンデレラ G.Rossini

2010年4月17日(土)
町田市民フォーラム
14:00開演 (13:30開場)
3,000円 (全席自由)

指揮:高嶋 康晴
ピアノ:碇 理佐

ラミーロ(王子):岡坂 弘毅
ダンディーニ(偽王子):大石 洋史
マニーフィコ(継父):安東 玄人
クロリンダ(義姉1):前田 多鶴
ティスベ(義姉2):池田 一江
アンジェリーナ(シンデレラ):吉村 恵
アリドーロ(家庭教師):飛鳥井 亮

合唱:正木 傭平/佐々木 典/景山 周玄

演出協力:荒川はるか
制作協力:柴田素光/刈田 享子

Details
Published on:
2010/08/12 12:26
Author:
operaphoto
Categories:
未分類
0

LIPpresentsOPERA「友人フリッツ」「修道女アンジェリカ」

オペラ非営利団体のLIPpresentsOPERAが、10周年記念公演として、「修道女アンジェリカ」「友人フリッツ」を2本立てで上演した。
3月27日(土)と28日(日)の2日間、ダブルキャストによる公演。
LIPpresentsOPERA「修道女アンジェリカ」  LIPpresentsOPERA「友人フリッツ」
「修道女アンジェリカ」(27日)                    「友人フリッツ」(27日)

 LIPpresentsOPERA「修道女アンジェリカ」  LIPpresentsOPERA「友人フリッツ」
「修道女アンジェリカ」(28日)                    「友人フリッツ」(28日)

LIPpresentsOPERAとは、Lirica International Produce の頭文字を取ったもので、2000年のミレニアムを期に創設された
非営利団体。総監督の大森誠氏のもと、主にヴェリズモ主義のオペラを取り上げ、公演を重ねて来た。10回目の上演となる今回は、
全く趣の異なる作品2本の組み合わせによる公演。プッチーニの「修道女アンジェリカ」は不義の子を産み修道院送りとなったアンジェリカ
の悲しみの物語。一方の「友人フリッツ」は、のどかな田園を舞台にした純粋な恋物語。いずれのオペラもテーマは「愛」。人類普遍の
テーマを、2本のオペラという声の饗宴によって、存分に堪能した2日間であった。

【公演概要】

公演監督:大森 誠
指揮:高野 秀峰
演出:馬場 紀雄

『修道女アンジェリカ』
修道女アンジェリカ:大隅智佳子、ソフィア・カルヴェラ
公爵夫人:久保山和子、新宮由理
女子修道院長:岡村玲子(両日)
修女長:長谷川忍、安念奈津
修練長:前田真木子、山本千鶴
修道女ジェノヴィエッファ:山口ヴァレリー幸子、吉澤有香  他

『友人フリッツ』
フリッツ:内山信吾、持木弘
スーゼル:小野さおり、大森園子
ディヴィット:飯田裕之、鹿野章人
ベッペ:坂上賀奈子、小泉詠子
フェデリーコ:浅野和馬、松尾順二  他

管弦楽:シンフォニア・リリカ
合唱:コラールリリカ

Details
Published on:
2010/08/12 12:25
Author:
operaphoto
Categories:
未分類
0

ホールオペラ「コジ・ファン・トゥッテ」サントリーホール~世界一美しい響きのモーツァルト

「世界一美しい響きのホール」との評価も高いサントリーホールで、ホールオペラ「コジ・ファン・トゥッテ」の公演が行われ、ホール一杯に拍手と喝采が響き渡った。

3月14・17・20日の3公演。

ホールオペラ「コジ・ファン・トゥッテ」サントリーホール
ドン・アルフォンソ役のエンツォ・カプアノとプルチネッラたち

総じて、音楽的充実度の高い演奏と聴いた。指揮のニコラ・ルイゾッティは、同時にフォルテピアノも担当し、男性同士の会話の部分を伴奏する。女性同士の対話の
伴奏には、チェンバロの他に、チェロとティオルバが加わり、それぞれの心境を巧みに描き分けた。
演出は、イタリア演劇界の巨匠と称されるガブリエーレ・ラヴィア。コメディア・デラルテに登場するプルチネッラ(召使役)を登場させ、ユーモアと笑いをかもし出す。
更に、舞台転換の際などには、黒いプルチネッラが登場するが、これは、歌舞伎の黒子からヒントを得たという。
客席と舞台との距離が短く、あたかも自分もオペラの一部になったかのような感覚で、モーツァルトの世界を充分に堪能した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【公演データ】

三菱UFJ証券 SPRING OPERA

サントリーホール モーツァルト&ダ・ポンテ三部作 2008-2010

ホール・オペラ モーツァルト:コジ・ファン・トゥッテ

(全2幕・日本語字幕付)

日時 2010年 3月14日(日)16:00開演(15:20開場)

3月17日(水)18:30開演(17:50開場)

3月20日(土)16:00開演(15:20開場)

出演 フィオルディリージ:セレーナ・ファルノッキア(ソプラノ)

ドラベッラ:ニーノ・スルグラーゼ(メゾ・ソプラノ)

グリエルモ:マルクス・ヴェルバ(バリトン)

フェルランド:フランチェスコ・デムーロ(テノール)

デスピーナ:ダヴィニア・ロドリゲス(ソプラノ)

ドン・アルフォンソ:エンツォ・カプアノ(バス)

指揮&フォルテピアノ:ニコラ・ルイゾッティ

演出:ガブリエーレ・ラヴィア

管弦楽:東京交響楽団

合唱:サントリーホール オペラ・アカデミー

舞台装置:アレッサンドロ・カメラ

衣裳:アンドレア・ヴィオッティ

会場:サントリーホール・大ホール

主催:朝日新聞社/サントリーホール

協賛:三菱UFJ証券株式会社

協力:アリタリア-イタリア航空会社/国立音楽大学

取材・写真:長澤直子
※レポート本文・写真の転載は固くお断り致します※

Details
Published on:
2010/08/12 12:24
Author:
operaphoto
Categories:
未分類
0

東京二期会オペラ劇場「オテロ」公演レポート

東京上野の文化会館で、二期会がヴェルディ後期の傑作「オテロ」を上演した。二期会としての公演では、35年ぶりの新制作上演。

サラセンを打ち破ったオテロが、嵐の吹き荒れる中、キプロス島に凱旋する。イタリアオペラ史上、最も激烈な冒頭のシーンとしても挙げられる。
東京二期会オペラ劇場「オテロ」
オテロ:福井敬/デズデモナ:大山亜紀子

東京二期会オペラ劇場「オテロ」
オテロ:福井敬/デズデモナ:大山亜紀子

演出に白井晃(演出家・俳優)を起用し、オテロの心情を陰影を多用して描き出した人間ドラマとして仕上げた印象。
東京二期会オペラ劇場「オテロ」 東京二期会オペラ劇場「オテロ」
オテロ:福井敬/イヤーゴ:大島幾雄   デズデモナ:大山亜紀子

抽象化された舞台装置の他は、布と天井から吊るされた紗幕のような仕切りと柱。照明で、上半身部分をすっぽりと覆うなど、陰影がオテロの心情を鋭く描き出す。
東京二期会オペラ劇場「オテロ」
オテロ:成田勝美/イヤーゴ:大沼徹

第三幕の大コンチェルタート部分では、各々がいちどきに心中を吐露する。ベルカントオペラの様式を踏襲するこのオペラ最大の見せ場。
東京二期会オペラ劇場「オテロ」
ロデリーゴ:与儀巧/イヤーゴ:大沼徹/デズデモナ:日比野幸/ロドヴィーコ:三戸大久/エミーリア:加賀ひとみ/カッシオ:岡田尚之/オテロ:成田勝美

4幕のデズデモナの寝室は囲いで、まるで牢獄のようなさま。グレーであった壁が、潔白を証明するごとく次第に剥げ落ちて行く。背後には、不吉に落ちる十字架の影。
東京二期会オペラ劇場「オテロ」
デズデモナ:日比野幸

ロベルト・リッツィ・ブリニョーニの指揮による東京都交響楽団が重厚かつ説得力のあるサウンドを放ち、物語と感情とを、ダイナミックでありながら繊細に聴かせた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東京二期会オペラ劇場「オテロ」

オペラ 全4幕
字幕付原語(イタリア語)上演
台本:アリゴ・ボーイト(原作:ウィリアム・シェークスピア「オセロー」)
作曲:ジュゼッペ・ヴェルディ

東京文化会館 大ホール(JR上野駅公園口前)
2010年2月
17日(水)18:30
18日(木)18:30
20日(土)14:00
21日(日)14:00
開場は開演の60分前/上演予定時間:約2時間45分

指揮:ロベルト・リッツィ=ブリニョーリ
演出:白井 晃

【スタッフ】
装置:松井るみ
衣裳:前田文子
照明:齋藤茂男
合唱指揮:佐藤宏
舞台監督:八木清一
公演監督:近藤政伸

【キャスト】
オテロ:福井敬/成田勝美
デズデモナ:大山亜紀子/日比野幸
イアーゴ:大島幾雄/大沼徹
エミーリア:金子美香/加賀ひとみ
カッシオ:小原啓楼/岡田尚之
ロデリーゴ:松村英行/与儀巧
ロドヴィーコ:小鉄和広/三戸大久
モンターノ:村林徹也/鹿又透
伝令:須山智文/倉本晋児

合唱:二期会合唱団
管弦楽:東京都交響楽団

主催:財団法人東京二期会、社団法人日本演奏連盟

Details
Published on:
2010/08/12 12:22
Author:
operaphoto
Categories:
未分類
0

区民参加オペラ「アイーダ」~中丸三千繪さんをソリストに迎え華やかに

響きの森文京公会堂(通称:文京シビックホール・大ホール)で、区民による手作りオペラ「アイーダ」が行われ、満員の客席からは、盛んな拍手と喝采が送られた。
「区民参加オペラ」とは、公募により集まった区民の合唱団と、オーディションにより選ばれたキャストが、指揮者や演出家とともに舞台を創造する「区民による、
区民のための手作りオペラ」。ホールの会館とともに歩んできた公演は、今回で10回目という。その記念すべき節目にふさわしく、世界的ソプラノとの評価も高い、
中丸三千繪さんをソリストに迎えた。

上演された「アイーダ」は、ヴェルディ後期の傑作といわれる。古代エジプトを舞台に、奴隷としてエジプト王女アムネリスに仕えるアイーダ(実はエチオピアの女王)と、
エジプト軍を率いる将軍ラダメスの悲恋が中心に描かれる。
第2幕第2場には、バレエの場面と大合唱が配置され、フランス風グランド・オペラの形をとっているため、区民オペラ公演でもしばしば取り上げられる。この日の凱旋の
大行進曲は壮観で、総勢100名を越える区民合唱が、高らかに喜びの歌声を披露した。

【公演データ】
響きの森文京公会堂10周年記念事業
区民参加オペラCITTADINO歌劇団第10期生公演
歌劇「アイーダ」  作曲:ジュゼッペ・ヴェルディ  ※全4幕 原語上演・字幕付

■日 時■
   2010年2月7日(日)
   13:30開場、14:00開演 

■会場■
   文京シビックホール・大ホール
   
■出 演■
   アイーダ :中丸三千繪
   ラダメス :東小野修
   アムネリス:巖淵真理
   アモナズロ:金子亮平
   ランフィス:郷田明倫
   エジプト王:安東玄人
   使者   :高村素志
   巫女の長 :浅井恵子
   
■合 唱■
   CITTADINO歌劇団合唱団
   (区民参加オペラ第10期生)

■指 揮■
   宮松 重紀

■管弦楽■
   CITTADINO歌劇団オーケストラ

■スタッフ■
   演出  :東小野修
   合唱指導:長裕二
   音楽指導:蒲谷昌子/仲田淳也/竹之内純子
   副指揮者:柴田慎平/平野桂子

■チケット■
   《全席指定・税込》
     2,000円

■主催■
   財団法人文京アカデミー

■共催■
   NPO法人チッタディーノオペラ振興会

Details
Published on:
2010/08/12 12:21
Author:
operaphoto
Categories:
未分類
0

オペラ彩「仮面舞踏会」を好演~和光市で自主制作によるオペラを24年間連続上演

和光市で、自主制作によるオペラを上演し続けて24年の「オペラ彩」が、ヴェルディのオペラ「仮面舞踏会」を好演した。

オペラ彩公演「仮面舞踏会」

【公演データ】

2010年1月23日(土)・24日(日)  14:00開演  サンアゼリア大ホール

オペラ彩 第26回定期公演

ジュゼッペ・ヴェルディ作曲 「仮面舞踏会」全3幕

イタリア語上演 字幕付

指揮:佐藤正浩

演出:直井研二

総合プロデューサー:和田タカ子

キャスト: 23日(土) /  24日(日)

リッカルド: 大野徹也 / 秋谷直之

レナート: 谷 友博 / 須藤慎吾

アメーリア: 下原千恵子 / 並河寿美

ウルリカ: 巖淵真理 / 丸山奈津美

オスカル: 鷲尾麻衣 / 吉原圭子

シルヴァーノ: 党 主税 / 北川辰彦

サムエル: 東原貞彦 / 増原英也

トム: 畠山 茂 / 須山智文

判事: 石川隆彦 / 大橋正明

合唱:オペラ彩合唱団
管弦楽:Orchestre“Les Champs-Lyrics”

主催:オペラ彩

Details
Published on:
2010/08/12 12:20
Author:
operaphoto
Categories:
未分類
0

東京オペラ・プロデュース「マダム サン・ジェーヌ(戦場を翔ける女)」

ヴェリズモオペラの巨匠・ジョルダーノの喜劇、「マダム サン・ジェーヌ(戦場を翔ける女)」が東京オペラ・プロデュース第85回定期公演として上演された。
東京オペラ・プロデュース公演「マダム サン・ジェーヌ(戦場を翔ける女)」より

【公演データ】

2010年1月16日(土)・17日(日)  15:00開演  新国立劇場 中劇場

東京オペラ・プロデュース 第85回定期公演

ウンベルト・ジョルダーノ作曲 「マダム・サン・ジェーヌ(戦場を翔ける女)」全3幕 日本初演

Umberto Giordano “Madame Sans-Gêne”

イタリア語上演 字幕付

原作:V・サルドゥー 【Victorien Sardou】 & E・モロー【Emile Moreau】

台本:レナート・シモーニ 【Renato Simoni】

指揮:時任康文  演出:彌勒忠史

配役:16日(土)/17日(日)

カテリーナ: 大隅智佳子/菊地美奈

ルフェーブル: 内山信吾/羽山晃生

フシェ: 工藤博/岡崎智行

ナポレオン: 井上雅人/羽渕浩樹

ナイペルグ伯爵: 西塚巧/青地英幸

トニオッタ: 小野さおり/橘麗子

ジューリア: 工藤志州/佐藤篤子

ラ ロッサ: 三上有希子/勝倉小百合

カロリーナ女王: 福田玲子/江口二美

エリーザ王女: 前坂美希/後藤美奈

ヴィネーグル: 木幡雅志/望月光貴

デスプロー: 藤原海考/島田道生

ジェルソミーノ: 杉谷直信/岡戸淳

ルロワ: 保坂真悟/笠井仁

ブリゴードゥ: 西垣俊紘/白井和之

ルスタン: 麻野玄蔵/佐原壮也

オーケストラ:東京オペラ・フィルハーモニック管弦楽団

主催:東京オペラプロデュース

Details
Published on:
2010/08/12 12:19
Author:
operaphoto
Categories:
未分類
0

東京丸の内 ガラ・コンサート 2009

丸の内の年末を締めくくるイベントとして、クラシックを中心とした音楽祭が開催された。

東京丸の内 ガラ・コンサート 2009

12月29日(火) ミニコンサート
・13:00~13:30  増田みのり(p)、森房紀久子(vn) ― サラサーテ/ツィゴイネルワイゼン、クライスラー/中国の太鼓、愛の喜び 他
・14:30~15:00  石川悠子(p)、作田聖美(sax) ― ピアソラ/アディオス・ノニーノ、オブリビオン
・16:00~16:30  伊賀あゆみ(p) ― ハチャトゥリアン:仮面舞踏会、剣の舞 他
・17:30~18:00  寺沢希美(vn) ― ヴィヴァルディ:四季より冬 他

12月30日(水)公開リハーサル
・13:00~15:00  ショパン/サン=サーンス
・16:00~18:00  オペラアリア/ベートーヴェン

12月31日(木)GP・本番 
・13:00~15:00  ゲネプロ
・16:30~17:10  第1部
・17:30~18:10  第2部
(第1部)ショパン : ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 Op.11  / サン=サーンス : 序奏とロンドカプリチオーソ Op.28
(第2部)ソプラノ ヴェルディ:「椿姫」より~ああ,そはかの人か / メゾ ビゼー:「カルメン」より~ハバネラ 
     テノール ナポリ民謡:帰れソレントへ / バス ロッシーニ:「セウィリアの理髪師」より~陰口の歌
     ベートーヴェン/交響曲第九番 ニ短調 作品125「合唱付」より 第四楽章
【出演】(30日、31日)
ピアノ:實川風 / ヴァイオリン:矢野玲子 / ソプラノ:大隅智佳子 / アルト:谷口睦美 / テノール:村上公太 / バス:佐藤泰弘
合 唱:丸の内合唱団(合唱指導:神尾昇)/管弦楽:丸の内ジルベスターオーケストラ
指 揮:海老原光(第1部)/ 神尾昇(第2部)

Details
Published on:
2010/08/12 12:17
Author:
operaphoto
Categories:
未分類
Top! Created by Dream-Theme — premium wordpress themes.